SAKSAK機能紹介

今秋!SAKSAKと連携した受発注管理アプリがついにリリース!

社員さんが、毎日の残業で疲弊していませんか?
1人1日1件、多く商談ができれば、どれだけ売上アップしますか?

お客様のために時間を使う

仕事の本質はお客様のために価値のある時間を使うことです。
お客様の話に耳を傾けてニーズをしっかりと引き出すことです。
また、良い工事することはもちろん、その準備をすることも大切です。
移動時間ばかりとられて事務処理に追われることではありません。

建築業界の生産性はまだまだ上がります!

書類作成やFAX送信のために事務所に戻る移動時間がなくなれば・・・
取引業者さんからの回答を待つ時間が短縮できれば・・・

20代30代の若手社員・職人さん・取引会社の担当者はこう思っています。
「なんで今時FAXなの?メールでも時代遅れなのに・・・」
「スマホでパパッと調べて連絡すれば、それでいいんじゃないの?」

オーダーネットとは

スマートフォンから建築会社と取引業者の間で受発注処理ができるサービスです。

特徴は
リフォーム会社も取引業者さんも一緒に使える
スマートフォン・Webどちらからでも使える
親方・職人・事務員・営業マン・店長、それぞれ役割に応じた機能
発注や回答の通知がくるので判りやすい
SAKSAKと連動している

①FAX・メールではなくアプリで送信

今まではSAKSAKで発注書を作成して印刷してからFAX送信していた発注書を、3クリックで簡単に送信できます。取引業者さんのスマートフォンに通知が届いて、現場住所や工事担当者といった情報はもちろん、現場写真・図面や工程表などの資料も確認できます。そして、その場で発注書に回答もできます。

②自社の社員も出先から確認・回答できる

スマートフォンアプリを使って、自社の社員も発注書への回答状況を確認できます。また、必要なら価格交渉や日程調整をすることができます。さらに、その履歴も残るので後から店長が経緯を把握することができます。さらに、現場ごとに発注した取引業者さまが工事を完了したかどうかも一覧で確認することができます。

③スマートフォンが当たり前の時代

実はオーダーネット構想は2004年からありました。しかし、当時の通信環境はまだまだ速度も遅く、携帯電話からの操作も決して簡単とは言えないなかで断念しました。しかし、スマートフォンが普及して、簡単な操作のアプリを作れるようになりました。業務システムとの連携を前提として、取引業者さまも社員さんも簡単に使えるシステムが出来たのです。

いち早くFAXを導入し上場したリフォーム会社も

先日、アプリを導入させていただいたお客様は約30年前にFAXを使った受発注を取り入れられたそうです。
当時、取引業者さんに自前でFAXを購入してもらうようにお願いをしてまわったそうです。
その後、FAXを利用した受発注は当たり前のことなりました。
他社に先駆けて導入されたそのお客さまは昨年、上場されました。

先に始めればアドバンテージとなりますが、すでに周りが始めているときにやっても
追いつくだけに過ぎません。弊社とご縁のあるみなさまには是非この機会に他社に
先駆けて導入していただきたいと思います。

株式会社DATAKIT 代表取締役 喜多 庸元